論文の技術を磨くために|安らぎ空間で働こう|セラピストは通信講座で資格取得が可能

安らぎ空間で働こう|セラピストは通信講座で資格取得が可能

論文の技術を磨くために

作文用紙

オンラインで論文指導

各種試験で課される小論文は、添削指導を受けることで自分の弱点が見えてくるようになります。学生さんであれば担任の先生などに依頼すれば指導を受けられるかもしれません。しかし先生にも他の仕事があるため、必ず添削してもらえるわけではい点には注意が必要です。その代わりとして、ネット上で小論文の添削を依頼できるサービスも便利です。ホームページから文章を送信するだけで、プロの方による添削が受けられます。周りに指導してくれる人がいない方にはとても役立つサービスです。このサービスの注意点としては、有料であるため料金を払う必要がある点です。またその料金は文字数などに応じて変わってくるため、小論文が長くなるほど料金も上がる点には注意します。添削には時間がかかるため、時間がないときには即日対応してくれるかどうか調べた上で申し込むとよいでしょう。

人に見てもらうことが大事

大学や高校の入試においては、マークシートに加えて筆記試験も課せられることがよくあります。選択肢の中から選ぶだけのテストと違って、筆記試験ならより柔軟な出題とそれに対する解決能力がわかるため多くの試験で採用されています。自分で解答を書く必要があるため難易度が高い筆記試験ですが、中でも特に難しいとされているのが小論文です。自分の考えをまとめる小論文は、長い文章を書いた経験が少ない受験生にとっては対策を立てにくいかもしれません。小論文を書く技術を磨くには、とにかく自分で書くことに加えて、添削してもらう方法が有効です。他人に添削してもらうと何が悪いのかが客観的にわかるため、上達の速度も早くなるからです。添削は親にお願いするのもいいのですが、学校の先生や有料の添削サービスを利用しても同じ効果が得られます。